xtsession

Section: User Commands (1)
Updated: 2004-12-06
Index Return to Main Contents

 

NAME

xtsession - 文字列マッチによる番号付け

 

SYNOPSIS

xtsession [-k キー項目名リスト] [-s 並べ換える項目名リスト[%{n|r}]] -f 項目名 -v 識別文字列 [-C] -a 新項目名 [-q] [-i 入力ファイル名] [-o 出力ファイル名] [-z] [-t] [-T 作業ディレクトリ名]

 

DESCRIPTION

-fで指定した項目の値が、-vで指定の文字列にマッチしたとき番号をインクリメントしてその番号を新しい項目として出力する。

 

PARAMETERS

-k
セッション番号をクリアする単位となるキー項目
-s
キー項目名で指定した単位行の中で、レコードの順番を決めるための項目名を指定する
-f
セッションの最後を示す文字列が設定されている項目項目名
-v
-fで指定した項目の値が、ここで指定した文字列にマッチすればセションの最後と識別される
-a
新たに追加される項目の名前を指定する
-i
入力ファイル名を指定する。ファイル名のサフィックスが.gzであれば自動的に解凍もおこなう。またこのパラメータが省略された時には標準入力がもちいられる。
-o
出力ファイル名を指定する。ファイル名のサフィックスが.gzであれば自動的に圧縮して出力する。またこのパラメータが省略された時には標準出力に出力される。
-T
自動ソートなどで一時的に用いられるファイルを格納するディレクトリ名。

 

OPTIONS

-C
識別文字列が現れた行から番号をインクリメントする: 通常ならば識別文字列が現れた行の次の行から番号をインクリメントするが、このオプションを指定すると、識別文字列が現れた行から番後をインクリメントする。
-q
シーケンシャル処理: -kで指定した項目を単位に処理をするのではなく、入力データのレコード順に従って処理を行う
-z
標準出力の圧縮: 出力ファイルの指定を省略したとき、このフラグを設定すると、標準出力に圧縮して出力される。
-t
plain text: 入出力データの構造として、XMLtableデータ構造でなくplain textを使う。

 

EXAMPLE


 xtsession -k 顧客 -f フラグ -v 1 -a セッション番号 -i dat.xt -o rsl.xt

 

SEE ALSO

xtsel(1), xtcommon(1)

 

WEB PAGE

http://musashi.sourceforge.jp

 

BUG REPORT

musashi-users@lists.sourceforge.jp

 

AUTHORS

Yukinobu Hamuro,Naoki Katoh


 

Index

NAME
SYNOPSIS
DESCRIPTION
PARAMETERS
OPTIONS
EXAMPLE
SEE ALSO
WEB PAGE
BUG REPORT
AUTHORS

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 06:13:13 GMT, December 06, 2004