xtsel

Section: User Commands (1)
Updated: 2004-12-06
Index Return to Main Contents

 

NAME

xtsel - 条件式による行撰択

 

SYNOPSIS

xtsel [-k キー項目名リスト] [-s 並べ換える項目名リスト[%{n|r}]] -c 条件式 [-S] [-R] [-r] [-u 不一致データ出力ファイル名] [-q] [-i 入力ファイル名] [-o 出力ファイル名] [-z] [-t] [-T 作業ディレクトリ名]

 

DESCRIPTION

計算式で指定した計算をおこない、結果が真(1)であれば、その行を選択する。なおxtcalと同じ計算式が利用できるので、詳細はxtcalを 参照ください。

 

PARAMETERS

-k
キー単位の選択となる
-s
キー項目名で指定した単位行の中で、行の順番を決めるための項目名を指定する
-c
組み込みの演算子や関数を組み合わせた式を指定する
-u
指定の条件に一致しない行を出力するファイル名
-i
入力ファイル名を指定する。ファイル名のサフィックスが.gzであれば自動的に解凍もおこなう。またこのパラメータが省略された時には標準入力がもちいられる。
-o
出力ファイル名を指定する。ファイル名のサフィックスが.gzであれば自動的に圧縮して出力する。またこのパラメータが省略された時には標準出力に出力される。
-T
自動ソートなどで一時的に用いられるファイルを格納するディレクトリ名。

 

OPTIONS

-S
一行単位選択: -kが指定されても行毎の撰択とするフラグ
-R
レコード間AND条件: -kを指定した場合、その全ての行が条件を満たした行を撰択する。
-r
条件反転: 削除ではなく選択する。
-q
シーケンシャル処理: -kで指定した項目を単位に処理をするのではなく、入力データのレコード順に従って処理を行う
-z
標準出力の圧縮: 出力ファイルの指定を省略したとき、このフラグを設定すると、標準出力に圧縮して出力される。
-t
plain text: 入出力データの構造として、XMLtableデータ構造でなくplain textを使う。

 

EXAMPLE


 xtsel -c '$金額>1000' -i dat.xt -o rsl.xt
 xtsel -c 'length($名前)>10' -i dat.xt -o rsl.xt

 

SEE ALSO

xtdelnul(1), xtselstr(1)

 

WEB PAGE

http://musashi.sourceforge.jp

 

BUG REPORT

musashi-users@lists.sourceforge.jp

 

AUTHORS

Yukinobu Hamuro,Naoki Katoh


 

Index

NAME
SYNOPSIS
DESCRIPTION
PARAMETERS
OPTIONS
EXAMPLE
SEE ALSO
WEB PAGE
BUG REPORT
AUTHORS

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 06:13:13 GMT, December 06, 2004