xtnrjoin

Section: User Commands (1)
Updated: 2004-12-06
Index Return to Main Contents

 

NAME

xtnrjoin - 参照ファイルの複数範囲条件による自然結合

 

SYNOPSIS

xtnrjoin [-k 入力データ上の突き合わせる項目名リスト] -v 範囲比較される項目名[%{n}] [-K 参照データ上の突き合わせる項目名リスト] -m 参照ファイル名 -R 範囲項目名[%{en}] -f 結合項目名リスト [-n] [-N] [-i 入力ファイル名] [-o 出力ファイル名] [-z] [-t] [-T 作業ディレクトリ名]

 

DESCRIPTION

範囲により参照ファイルの項目を結合(join)する。-kで指定した入力ファイルの項目値と-Kで指定した参照ファイルの項目値が同じ行について、-rで指定した項目値が-Rで指定した2項目の値の範囲条件(項目1以上項目2未満)にマッチすれば、-fの項目を結合する。マッチする行が複数あれば、それらの行全てが出力され、ちょうど自然結合のような動きをする。範囲比較される値は、デフォルトで文字列と見なされる。数値として処理したい場合は-rの項目名のあとに%nをつけること。

 

PARAMETERS

-k
ここで指定した入力データの項目と-Kで指定された参照データの項目が同じ行の項目結合が行われる
-v
入力ファイル上の項目名
-K
ここで指定した参照データの項目と-kで指定された入力データの項目が同じ行の項目結合が行われる
-m
参照ファイル名を指定する
-R
参照ファイル上の範囲項目名(start,end)
-f
結合する参照ファイル上の項目名リスト
-i
入力ファイル名を指定する。ファイル名のサフィックスが.gzであれば自動的に解凍もおこなう。またこのパラメータが省略された時には標準入力がもちいられる。
-o
出力ファイル名を指定する。ファイル名のサフィックスが.gzであれば自動的に圧縮して出力する。またこのパラメータが省略された時には標準出力に出力される。
-T
自動ソートなどで一時的に用いられるファイルを格納するディレクトリ名。

 

OPTIONS

-n
キー未結合入力データ出力: 参照データにない入力データをNULL値として出力するフラグ
-N
範囲未結合入力データ出力: 参照データにない範囲データをNULL値として出力するフラグ
-z
標準出力の圧縮: 出力ファイルの指定を省略したとき、このフラグを設定すると、標準出力に圧縮して出力される。
-t
plain text: 入出力データの構造として、XMLtableデータ構造でなくplain textを使う。

 

EXAMPLE


 xtnrjoin -v 金額%n -m ref.xt -R 金額F,金額T -f クラス -i dat.xt -o rsl.xt
 xtnrjoin -k 店 -v 金額%n -m ref.xt -R 金額F%n,金額T%e -f クラス -i dat.xt -o rsl.xt
 xtnrjoin -v 金額%n -m ref.xt -R 金額F,金額T -f クラス -nN -i dat.xt -o rsl.xt

 

SEE ALSO

xtjoin(1), xtrjoin(1), xtproduct(1), xtcommon(1)

 

WEB PAGE

http://musashi.sourceforge.jp

 

BUG REPORT

musashi-users@lists.sourceforge.jp

 

AUTHORS

Yukinobu Hamuro,Naoki Katoh


 

Index

NAME
SYNOPSIS
DESCRIPTION
PARAMETERS
OPTIONS
EXAMPLE
SEE ALSO
WEB PAGE
BUG REPORT
AUTHORS

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 06:13:13 GMT, December 06, 2004