xtcntseq

Section: User Commands (1)
Updated: 2004-12-06
Index Return to Main Contents

 

NAME

xtcntseq - 瀕出サブストリングの件数

 

SYNOPSIS

xtcntseq [-k キー項目名リスト] [-u シーケンス単位項目名リスト] [-s 並べ換える項目名リスト[%{n|r}]] -f シーケンスを表す項目名 [-c 件数] [-p パーセント] [-l シーケンスの長さ範囲] [-Q] [-a 新項目名] [-q] [-i 入力ファイル名] [-o 出力ファイル名] [-z] [-t] [-T 作業ディレクトリ名]

 

DESCRIPTION

-kで指定した項目の値が同じ行について、-fで指定した項目の値をシーケンスとしてとらえ、その部分シーケンスの件数をカウントする。

 

PARAMETERS

-k
部分シーケンスをカウントする単位となる項目名リスト
-u
一つのシーケンスの単位となる項目名リスト
-s
キー項目名で指定した単位行の中で、シーケンスの順番を決めるための項目名を指定する
-f
ここで指定した項目をシーケンスとみなす
-c
このパラメータによって、出力する件数を制限できる。
-p
このパラメータによって、出力する件数を、最瀕出のシーケンスの件数に対する割合によって制限できる。デフォルトは 10 である。
-l
このパラメータによって、出力するシーケンスの長さを制限できる。デフォルトは 2_5 である。最小値は:1,最大値は50。
-a
新たに追加される項目の名前を指定する
-i
入力ファイル名を指定する。ファイル名のサフィックスが.gzであれば自動的に解凍もおこなう。またこのパラメータが省略された時には標準入力がもちいられる。
-o
出力ファイル名を指定する。ファイル名のサフィックスが.gzであれば自動的に圧縮して出力する。またこのパラメータが省略された時には標準出力に出力される。
-T
自動ソートなどで一時的に用いられるファイルを格納するディレクトリ名。

 

OPTIONS

-Q
subsequenceの件数をもとめる: substringに代えてsubsequenceの出現件数を求める
-q
シーケンシャル処理: -kで指定した項目を単位に処理をするのではなく、入力データのレコード順に従って処理を行う
-z
標準出力の圧縮: 出力ファイルの指定を省略したとき、このフラグを設定すると、標準出力に圧縮して出力される。
-t
plain text: 入出力データの構造として、XMLtableデータ構造でなくplain textを使う。

 

EXAMPLE


 xtcntsubstr -k 顧客,日付 -s 時間 -f 店 -idat.trn -Idat.tst
 xtcntsubstr -k 顧客,日付 -s 時間 -f 店 -c 1000 -idat.trn -Idat.tst
 xtcntsubstr -k 顧客,日付 -s 時間 -f 店 -l 10_30 -idat.trn -Idat.tst

 

SEE ALSO

 

WEB PAGE

http://musashi.sourceforge.jp

 

BUG REPORT

musashi-users@lists.sourceforge.jp

 

AUTHORS

Yukinobu Hamuro,Naoki Katoh


 

Index

NAME
SYNOPSIS
DESCRIPTION
PARAMETERS
OPTIONS
EXAMPLE
SEE ALSO
WEB PAGE
BUG REPORT
AUTHORS

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 06:13:12 GMT, December 06, 2004