xtcat

Section: User Commands (1)
Updated: 2004-12-06
Index Return to Main Contents

 

NAME

xtcat - 複数のXMLtableファイルの併合

 

SYNOPSIS

xtcat [-c] [-n] -i 入力ファイル名 [-o 出力ファイル名] [-z]

 

DESCRIPTION

-iで指定の全ファイルのレコードを連結する。

 

PARAMETERS

-i
入力ファイル名を指定する。ファイル名のサフィックスが.gzであれば自動的に解凍もおこなう。またこのパラメータが省略された時には標準入力がもちいられる。
-o
出力ファイル名を指定する。ファイル名のサフィックスが.gzであれば自動的に圧縮して出力する。またこのパラメータが省略された時には標準出力に出力される。

 

OPTIONS

-c
項目数のみチェックして連結: 項目の数だけチェックして連結する(項目名のチェックはしない)
-n
同じ項目名のみ連結: 項目名が同じ項目のみを連結する(同じ項目がなければnullとする)。項目数が異なっていてもOK。
-z
標準出力の圧縮: 出力ファイルの指定を省略したとき、このフラグを設定すると、標準出力に圧縮して出力される。

 

EXAMPLE


 xtcat -i dat1.xt,dat2.xt -o rsl.xt
 xtcat -i 'dat*.xt' -o rsl.xt
 xtcat -n -i dat1.xt,dat2.xt -o rsl.xt

 

SEE ALSO

xtsep(1)

 

WEB PAGE

http://musashi.sourceforge.jp

 

BUG REPORT

musashi-users@lists.sourceforge.jp

 

AUTHORS

Yukinobu Hamuro,Naoki Katoh


 

Index

NAME
SYNOPSIS
DESCRIPTION
PARAMETERS
OPTIONS
EXAMPLE
SEE ALSO
WEB PAGE
BUG REPORT
AUTHORS

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 06:13:11 GMT, December 06, 2004