last update: 2004年10月25日

日本語について

XMLtableは完全なXML文書である。しかしながらXMLtableのparseにおいては、libxml2などのライブラリは持ちいておらず、独自に実装されたparse関数を用いている(処理の効率化が理由)。

この独自に実装されたparse関数においては、XMLヘッダーにおいて、UTF8のエンコーディングを指定し(<?xml encoding="utf-8"?>)、XMLtableヘッダーの項目名やコメントのエンコーディングがEUCであったとしても、エンコーディングの変換は全く行われない。すなわちXMLヘッダーで指定されたencodingは全く無視し、項目名は「データ上」のエンコーディングが利用される。

ただし、出力データのXMLヘッダーにおけるencodingは入力データのものと同じencodingが用いられる。